乳酸菌生産物質にハマッた日々

乳酸菌生産物質を熱く語る

乳酸菌と乳酸菌生産物質の違い

いったい、普通の乳酸菌と乳酸菌生産物質はどこがどの様に違うのでしょう?

先のサイトや他のページを見て調べたところ、まず、乳酸菌は数種類しか今の所見つかっていませんが、乳酸菌生産物質は約40種類もあるという事です。

また、胃酸などの影響で、乳酸菌はそのほとんどが無駄になってしまいますが、こちらは殆ど影響をうけません。

乳酸菌はそれぞれが単一の菌ですが、乳酸菌生産物質は善玉菌の栄養になる物と言う違いがあります。

どちらも善玉菌が元になっているので、人体には悪影響は無いようです。

腸に届くまでに胃酸などでほとんど死滅してしまう(と言っても死んだからと言って乳酸菌の効果がなくなる訳ではないようです)のに比べて胃酸の影響を受けないので、両方腸内に有った方が良いようです。

乳酸菌が発酵(餌を食べる?

)する時に作られ、分泌して出来るのが乳酸菌生産物質なので、大本は同じものから出来ているので、併用して体に悪いわけはありませんよね。

それでは乳酸菌は採らずに乳酸菌生産物質だけを摂取していればいいのでしょうか?

もとは近くても、その効果には違いがあるようです。

乳酸菌生産物質は乳酸菌が発酵するときに出来る物質で、乳酸菌自体よりも免疫力を付ける力が強いもののようです。

ですから乳酸菌生産物質は生物ではない。

ということです。

多くの乳酸菌が胃液などによって、腸内に届くまでに死滅してしまいますが、こちらはそのような影響を受けず、腸まで達することが出来ます。

でも、乳酸菌は死んでいても効果を発することが出来るようで、一緒に摂取すればより効果が表れるでしょう。

また、腸内のコンディションにかかわらず、免疫細胞に直接働きかけることが出来るので、乳酸菌生産物質は早く効き目を発揮することが出来ます。

なので、腸管内のの免疫システムにダイレクトに効き目があるのと同時に体中の免疫力にも効果があるようです。

乳酸菌で腸内バランスを整えていればより効果的なので、併用するのが良いでしょう。

Comments are closed.